タグ別アーカイブ: Workshop

ラジオドラマワークショップ

2011年6月18日(日)

13:00 – 18:00

講師:桂英史

この日は、ラジオドラマを作るためのワークショップが開催されました。

ラジオドラマというと、シナリオを作らねば!と思っていたのですが、まず最初に、寺山修司による「いつも裏口で歌った」という1961年のラジオドラマを聞いてみるところからスタートしました。実はこのラジオドラマは、おおよそのシチュエーション設定をもとに、当時寺山がつきあっていた九条映子(後に寺山修司の妻になる)との親密な会話を中心にして、オールロケで録音された素材をもとにして構成されています。浅草の町中や、屋形船の上など当時の東京の雰囲気も効果的に背景音としてこの作品を構成している要素になっています。

この作品を分析することからスタートして、下記のようなメニューでワークショップは進みました。

  1. 寺山修司 「いつも裏口で歌った」(1961) を聞いて、分析する。
  2. 高山明 「山口市営P」(2008) を聞いて、分析する。
  3. 東京芸術大学授業内成果作品 「おじいちゃん、忘れないよツアーin 伊勢佐木モール」を聞く。
  4. ラジオドラマへのアプローチにもいろんなパターンや可能性がありそうだ。
  5. 技術レク(録音テクニック&Audacity使い方)
  6. フィールドレコーディングしに行く。
  7. Audacityで編集
  8. 発表&コメント

ラジオドラマといっても、シチュエーションの設定とフィールドレコーディング、そして編集でドラマチックな構成が作れる、ということを認識してワークショップは終了しました。

以下にいくつかの成果をはっておきます。

エレベーターに乗ったら階段で、降りたら庭

足音だけで構成

エレベーターの作品などは、周辺の環境音だけで構成されているのに、なんだかSFチックな作品になっていて、面白いですね!今後も、このようなラジオドラマ(小作品)が、こらボレーターの手で作られて、ラジオのコンテンツになっていく予定です!

ジングル作成ワークショップ

2011年5月21日(土)

13:00 – 18:00

講師:桂英史 蓮沼執太

 

この日は、前半にミーティングを行いました。

  • webサイトを用いて広報や情報収集をしていくこと
  • 各月のミーティング自体が、小さなワークショップとなっていて、その度に作成されていくファイルが、ラジオのコンテンツとなっていくようなイメージで進行すること
  • 遠隔地からの参加希望が来ているので、ネットワークを使って、距離のバリアを解消していく方法

などについてミーティングがありました。

後半は、音楽家の蓮沼執太さんを特別講師に迎えて、「ジングルってなに?」「なぜ、ジングルから作るの?」という話題からスタート。

次に、録音機材の説明。

録音時の注意:

  • マイクには指向性の広いものや狭いものがある。環境音を録音するなら無指向性/インタビューなら指向性 というように使い分ける。
  • イヤホンやヘッドホンを使って、録音時の音量、風の音などを確認してから録音する。
  • インタビューの時に空調や冷蔵庫などの「ブーン」という音に注意しておく。

持ち込んだ楽器、音のなるおもちゃなどを使って、録音。

ジングル作成WS

サウンド編集ソフトを使って、音の切り貼り。余計な部分をカットして、音量を調整し、重ねていくことを体験。

後半には、番組名「山口ライブラリーラジオ!」をいろんな人に言ってもらって、それを録音。最後に全員で一斉に叫ぶ!それを全員のコンピューターに配布して、それぞれのやりかたでジングル作成。最終的にはいろいろなジングルが出来上がり、同じような素材だけれど結構バラエティが出ました。

「アイデア一つでいくらでも楽しめる。」という蓮沼さんの言葉に後押しされて、コラボレーターのみんなも、サウンドという素材は、とてもカジュアルに付き合えるという印象を持ったのではないでしょうか?